スポンサーリンク

謝るときのコツ

2018-08-14

人間誰でも失敗はしてしまいます

そんなときこそ
人間性がためされるものですが
大人の謝り方って
なかなか教えてくれる人いませんよね

日本人が苦手な分野だと思います

私のオリジナルではなくて聞いた話だったと思うんですが
何だったかを忘れてしまいました
本だった気がします

1.何に対して謝っているかを明確にします
2.次からはどうするかを約束します
3.その約束を絶対に守る

1について
わりとやりがちなのが
怒ってるみたいだから
とりあえず謝っておくってやつです
これがマズい!

自分の改善につながりませんし
原因がわかっていないのでは
再発予防ができません

これを明確にしようとしたら
いっそう相手が起こった場合
その人とはつきあわなくていいです

ただ他人にマウントをとることで
ストレス発散してるだけか
理屈を理解できずに感情で言っているだけの人です
岩いるゴールポストを動かす
ダブルスタンダードな人間も含まれます

そんな人とつきあってると
本当にこまったとき、自分もまきこまれるし
きっとみんなから嫌われてる人です

2です
これをしなければ1の意味がありません
自分が次はどう気を付ければいいか
相手と話し合います

例えば誹謗中傷というものは
何が相手にとって怒りのスイッチになるか
わからないこともあります

また、一方的に謝ればいいというものはなく
自分の考えを伝えて誤解をとく必要もあるかもしれません

「なるほど、あなたはそう思ったんだね。それは申し訳なかったね。私はこういう考えだったんです(冗談で怒らせた場合も含めて)。次からは〇〇するように気を付けるけど、それでいいかい?」

相手の話を聞いて
自分の意見も伝えます
いわいるアサーティブな会話っていうやつです

これは、ちょっと難しいので
単純に
「次からは〇〇を〇〇して、〇〇にならないよう気を付けます」
これでもいいと思います

ちょっとずるいと言われるかもしれませんが
約束をすることは
相手に条件をのませるという意味もあります

条件をのんだ以上
相手も許すしかありません

3が一番重要で
なによりも難しいです

約束したことを絶対に守る

といっても
物理的にできないこともあります
本当は護れたはずの約束を
気のゆるみからやぶってしまったのではないか

相手が人間だったら
まだいいんです
これは大自然だったら
毎日を点検をさぼって
安全基準に達していていない
ブロック塀をつみあげて
地震で崩れたら?

自然は
「うっかりじゃ仕方ないから、今回は壊さないでおくよ」
そんなこと言ってくれません

もちろん
私もこれらを実行できていませんよ?
ただの、心がけです
(ただでさえ、悪ノリしすぎて人を怒らせるのが私だしww)

そして
これらが通用しない相手とは
関わらない

二重国籍問題で話題になったR4という人がいましたが
その陰で、同じ問題で注目された
小野田紀美さんっていう議員がいるんですけど
ゲーム会社にいたような人で
むっちゃ庶民的で(っていうか、ただの庶民ww)
ハーフだからかな、外側からみた日本を愛している感じの人です

先日の国会でゲーム依存症の話も踏まえてだったと思いますが
こんな↓内容のこと言ってました

「こちらから外国にいくときは、相手の文化を尊重しなければならない。でも、相手が日本に入ってきたときに、日本の文化を卑下してまで相手に謝罪して合わせる必要はない」

他人にマウントとって優越感にひたりたいだけの人
理屈ではなく感情でしか考えない人
約束をまもらない人
約束したゴールポストを動かす人
立場がかわると意見をかえるダブルスタンダードな人

こういう人は実際にいて
関わりたくなくても
むこうから絡んできます
そういうときは
謝ることはありません
ゴミ掃除の当番がまわってきたと思って
汚物は消毒だぁぁ!!!